年齢肌は悩みがいっぱい。。。

朝の洗顔は重要です

肌本来を自然な状態にリセットし、肌がみずから元気になるようにしたいものです。

そのためにはクレンジングと洗顔はしっかり・・・

朝の洗顔って意外と重要なんですよ、知ってました?

夜の洗顔が大事なのはわかるけど、朝の洗顔なんて眠気覚ましのため、と思ってませんでしたか?

私は思ってました(^_^;)。

だって寝てるだけなのですから、肌が汚れるわけはないのです。

しかし、寝てる間に肌の油分は酸化し、ベタついたうえに部屋のホコリやお布団の綿ボコリなどが付着してしまうのです。

朝の洗顔は水だけでOKという人もいるようですが、皮脂汚れはちゃんと洗顔石鹸を使って落とした方がその後の化粧水、美容液、乳液の浸透が違います。

なので朝は肌に優しいアミノ酸系洗顔料でこすらずに泡で顔をなでるように優しく洗いましょう。

忙しくて時間が無い時は美容液を省いても、洗顔でしっかり皮脂汚れを落とし、その後、化粧水でたっぷり水分補給し、乳液類を隙間なく塗ってフタをすれば潤い対策は十分です。

紫外線対策も忘れずに。。。PA値もチェック

お出かけするときはもちろん、紫外線対策もしっかりしなければなりません。

紫外線対策ではSPF値をよく気にしますが、PA値もしっかりチェックしましょう。

PAの+(プラス)の数が多いほどUV-A(お肌の敵、タルミの原因)を防いでくれます。

そう、タルミこそ、年齢肌を一層老けて見せる要因です。

加齢によるタルミでブルドックのようなほうれい線が出来てしまうと他のパーツがどんなにキレイでも一気に老けた印象になってしまい台無しです。

よく、マスクをして口元を隠してると美人なのに、マスクを外したらほうれい線くっきりのオバサン顔だったりする女性、いますよね。

もったいない~!!

そんな風にならないようにしっかりたるみを防いでいきましょう。

キレイな肌をキープする生活をしよう!

もちろん、綺麗な肌を保つにはスキンケアだけでなく、睡眠や食事も大事!

特に睡眠は年齢とともに寝つきが悪くなったり眠りが浅くなったりするので大変です。

ぐっすり寝た翌朝の肌のハリや透明感はもしかしたらスキンケアでは得られないものかもしれません。

あと、うっかりしがちなのですが、枕カバーやシーツなども頻繁に取り換えましょうね。

枕カバーはできれば毎日交換するくらいで。

枕カバーって以外と汚れが付着するんですよね。

眼には見えないので厄介ですが。

寝室も毎日掃除機をかけるようにして、キレイにしておきましょう。

肌のキレイは住まいのキレイが関係してるかも。